ふる里ニュース、ふる里トピックス

地方からの"季節便り"、"季節の行事"などを、お楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬ニュース(7月30日)

 高崎市の榛名湖一帯で、ユウスゲ(夕萓)が見ごろを迎えました。 ユリ科の花で、別名・キスゲ(黄萓)とも呼ばれており、ニッコウキスゲと同じ仲間です。
 湖畔には、広い原野を散策できるように"ゆうすげの道"が整備されています。
 8月中旬まで見ごろですが、夕方暗くなると咲き,朝にはしぼんでしまいます。
スポンサーサイト

大阪ニュース(7月30日)

 大阪市の住吉大社で、"鯨まつり"が復活されたそうです。
 鎌倉時代に始まったとされ、約30年ごとに行われてきました。
 昭和29(1954)年を最後に途絶えてしまい、今回地元住民らによって54年ぶりに復活したものです。

青森ニュース(7月29日)

 青森県十和田市の国道102号の通行止めが、解除されました。
 岩手沿岸北部地震のため奥入瀬渓流沿いで落石があったためです。
 予定より1日早い解除でした。
 最大の援助は、風評に惑わされず、観光に行くことでしょう。

福井ニュース(7月29日)

 勝山市にある1億2千万年前の中生代白亜紀前期の地層から、ほぼ完全な形をした右上顎骨を発見したと発表がありました。 肉食恐竜のドロマエオサウルス類のものと断定したそうです。
 4本の歯が付いた形で見つかったのは、日本で初めてです。

会津ニュース(7月28日)

 会津美里町の龍興寺で、名物のハスの花が見ごろを迎えています。
 8種類のハスがありますが、2千年前の縄文中期の地層から見つかったハスから株分けされた古代ハスも咲いています。
 日の出とともに咲き、午後には閉じてしまうので、見ごろは午前中です。

広島ニュース(7月28日)

 庄原市の市庁舎では、出生届が出されるたびに、お祝いの"こんにちは赤ちゃん"のメロディーを流しています。、少子化産婦人科医の不足が続いていますが、少子化に歯止めをかけてたいとの思いと、祝福の気持ちから企画したそうです。
 全国に広がると良いですね。

会津ニュース(7月27日)

 喜多方市の塩川町にある日橋川で、手作りの"イカダ川下り大会"が開催されました。
 速さを争うスピード部門には25チーム、仮装部門には9チームが出場しました。
 アニメのキャラクターをテーマにしたイカダに、観客から大きな声援が送られていました。

山梨ニュース(7月27日)

 北杜市の"萌木の村"特設野外劇場で、"清里フィールドバレエ"が開幕しました。 今年で19回目をかぞえ、清里高原の夏のイベントとなりました。 恒例の"シンデレラ"、"おやゆび姫"のほか、初登場の"タチヤーナ"も上演されます。
 8月9日まで開催されます。

会津ニュース(7月26日)

 猪苗代湖の湖岸で、クリーンアップ大作戦が行われました。
 美しい猪苗代湖を後世に残そうと、「ふる里会ふくしま」が呼びかけたもので、2千人もの人が集まったそうです。
 これだけの規模で、民間が主催するのは初めてです。お疲れ様でした。

埼玉ニュース(7月26日)

 鴻巣市の荒川河川敷で、"こうのす花火大会"が開催されました。
 県内最大の三尺玉を含め、1万5千発の花火が打ち上げられました。 三尺玉は、関東でも群馬の伊勢崎と茨城の古河で打ち上げられるだけだそうです。

岩手ニュース(7月25日)

 洋野町の種市漁協で、ウニ漁が最盛期を迎えています。 地震による津波などの影響はなく、約3トンの水揚げがあったそうです。
 石油の高騰と地震のダブルパンチでしょうが、がんばって下さい。

千葉ニュース(7月25日)

 茂原市で、"第54回茂原七夕まつり"が開幕しました。 きらびやかな700本ほどの七夕飾りを楽しみに、100万人の見物客が訪れるそうです。
 "もばら阿波おどり"などのイベントが続き、27日まで開催されます。

福岡ニュース(7月25日)

 北九州市で、戸畑祇園大山笠"が開幕しました。
 国の重要無形民俗文化財に指定されており、福岡県の夏の三大祭りの一つです。 つめかけた見物客は、昼の幟大山笠、夜の提灯大山笠などに見入っていました。

三重ニュース(7月24日)

 鈴鹿市の鈴鹿サーキットで、バイクの"鈴鹿8時間耐久ロードレース(8耐)"が開幕しました。 26日までの予選を通過したチームが、27日の決勝戦に挑みます。
 昨年、10連覇中のホンダチームを抑えて優勝したプライベートのヨシムラチームが、2連覇するのか、ホンダが巻き返すのかも見どころです。

富山ニュース(7月24日)

 立山の弥陀ケ原で、セイヨウタンポポフランスギクシロツメクサなど外来植物の除去作業が行われました。 火山活動によって形成された台地に高山植物が豊富ですが、最近は外来種によって脅かされています。
 末永く自然を守りたいものです。

福島ニュース(7月23日)

 相馬市の相馬中村神社で、出陣式が行われ、"相馬野馬追"が開幕しました。 1千年を超える歴史を持つ行事で、国重要無形民俗文化財にもなっています。
 昨日、相馬中村神社で安全祈願祭と総大将出陣の宴が開かれ、25日まで相馬各地で、勇壮な戦国絵巻が繰り広げられます。

兵庫ニュース(7月23日)

 神戸市の六甲高山植物園で、ニッコウキスゲが咲き、見ごろを迎えています。
 ニッコウキスゲといえば尾瀬が有名ですが、同園に咲く2千本もの群落は、関西随一だそうです。 7月末までが楽しめます。

会津ニュース(7月22日)

 南会津町で、"田島祇園祭"が開幕しました。 約800年前の鎌倉時代から始まった祭りで、日本三大祇園祭の一つです。 国重要無形民俗文化財にも指定されています。
 初日の"子ども歌舞伎"から始まり、2日目の本祭りでは"七行器行列"や"神輿渡御"が行われ、最終日は"太々御神楽"が行われます。

石川ニュース(7月22日)

 能美市の"いしかわ動物園"で、雄のチンパンジーの"イチロー"が脱走しました。
 2時間半後に、麻酔銃で眠ったところを、無事に捕獲されました。
 猛暑から、逃げたかったのでしょうか。

佐賀ニュース(7月22日)

 太良町の竹崎観世音寺で、竹崎カニの霊を慰める"カニ供養"が行われました。 名物の竹崎カニを求めて、多くの観光客が訪れます。
 感謝をこめて神事を執り行い、園児たちが2万匹の稚ガニを放流しました。

会津ニュース(7月21日)

 猪苗代町の公民館に隣にある旧山内家住宅で、"第7回いなわしろ民話まつり"が開かれました。 今回のテーマは"磐梯山"で、大噴火から120年記念イベントの一環です。
 地元に古くから伝わる磐梯山の民話などが、民話の会メンバーの皆さんによって語られました。

新潟ニュース(7月21日)

 新潟市の角田岬灯台で、海の日に合わせて一般公開が行われました。 見学者たちは、灯台の最上階から景色を楽しみながら、職員たちの説明に耳を傾けていました。
 灯台のPRのために、新潟海上保安部が毎年行っているものです。

高知ニュース(7月21日)

 高知市の高知中央卸売市場で、3万匹のクロダイの稚魚が放流されました。
 減少している漁獲量を増やそうと、29年前から地元の工作機械メーカーが続けているもので、地域住民の家族50組を招いて行われました。

京都ニュース(7月20日)

 京都市の金戒光明寺で、戊辰戦争で亡くなった会津藩士慰霊祭が行われました。
 京都新選組同好会会津新選組同好会京都會津会たちが、戊辰戦争140年を記念して行ったもので、遠くの地で命を落とした藩士の霊を慰めました。

愛知ニュース(7月20日)

 田原市の潮音寺で、"観音まつり"が行われました。
 昔懐かしい露店が並び、多くの家族連れで賑わい、特設ステージでは、のど自慢大会や腕相撲などが開かれ、多くの観客が拍手を送っていました。

熊本ニュース(7月20日)

 荒尾市のグリーンランドで、"あらお荒炎祭"が開かれました。
 今年で15回目の夏祭りです。荒尾音頭や炭坑節、さのよいカーニバルなどで盛り上がり、〆の8千発の花火大会も大賑わいでした。

会津ニュース(7月19日)

 昭和村で、"からむし織の里フェア"が開幕しました。
 今年で23回目を迎え、からむし織を学んでいる織姫体験生たちがモデルを務める着物のファッションショーも行われました。
 からむしは、夏に最適な素材です。明日まで開催されます。

茨城ニュース(7月19日)

 下妻市のレジャー施設である"砂沼サンビーチ"が、営業を始めました。
 7月26日、8月2日、9日には、先着500名まで、空くじなしの抽選会なども行われます。 8月31日までの営業で、いよいよ夏休みです。

長崎ニュース(7月19日)

 島原温泉で、"城下浴衣まつり"が始まりました。 "浴衣を着て湧水の町、しまばらを散策しよう"がキャッチフレーズで、浴衣で散策をしてもらおうとするものです。
 市内の観光施設やレストラン、タクシーなどで割引サービスもあるそうです。
 8月31日まで実施されます。

沖縄ニュース(7月19日)

 沖縄市で、"2008国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ"が開幕しました。
 愛称"キジムナーフェスタ"と呼ばれ、世界12カ国を含む46劇団が演技を行います。
 "ドラえもん"など、大人から子供まで楽しめるそうです。
 27日まで、開催されます。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。