ふる里ニュース、ふる里トピックス

地方からの"季節便り"、"季節の行事"などを、お楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟ニュース(5月30日)

 冬期のため通行止めになっていた魚沼市駒ノ湯と会津桧枝岐の御池の間が、再開通しました。 両県が進めていた国道352号線の除雪作業は、昨日終了し安全点検も終えて、今日の開通を迎えました。
 いよいよ尾瀬の観光シーズン到来です。
スポンサーサイト

会津ニュース(5月30日)

 金山町の地元の有志が集まり、沼沢湖に繁殖しているヒメマス押しずしを商品化しようと、企業組合「おく愛ズ」を発足させました。
 ヒメマス寿司は笹の葉で包んで真空パックして、6月中旬から店舗のほかにインターネットでも販売するとのことです。

千葉ニュース(5月30日)

 日本航空のロゴとして親しまれていた"鶴丸"のマークの付いた最後の旅客機が、最後の国際線フライトに出発しました。 昭和34(1959)年、トレードマークとして採用されて以来、日本航空だけでなく日本の顔として知られていました。
 国内線も、明日のフライトが最後です。

京都ニュース(5月30日)

 京都市の三千院で、諸悪の行いを懺悔する御懺法講が、約600人が参加する中で営まれました。 約850年前の後白河天皇が始めたといわれており、再興されてから30回目です。 宮中法会に演奏された雅楽が、荘厳に響き渡っていました。

宮崎ニュース(5月29日)

 えびの高原の硫黄山で、小さな花のミヤマキリシマが満開を迎えました。 普段は殺風景な山肌が、3万株ほどの自生している花で、淡紅色や赤紫色に染まっています。
 見頃は、6月上旬までです。

高知ニュース(5月29日)

 室戸市の国道555号線沿いに、特産のビワを販売する露店が、すき間なく建ち並んでおります。 80戸ほどの農家が栽培している"茂木"やなどの品種で、収獲の最盛期を迎えました。 初夏の香りが、いっぱいです。

歴史ニュース(5月28日)

 享保18(1733)年のこの日、両国川開きの花火が始まりました、
 全国的な凶作の大飢饉による死者への尉霊を8代将軍吉宗が隅田川で水神祭を行い、コレラなどの疫病退散を祈って花火を打ち上げたそうです。
 花火師は鍵屋6代目篠原弥兵衛で、花火の数は20発前後と伝えられています。 

沖縄ニュース(5月28日)

 恩納村が開いた記者会見で村長から、4月1日付けで山田城跡国指定史跡に指定されたと発表しました。 県内には勝連城跡など31カ所の国指定史跡が登録されており、山田城跡は32番目です。 村内では、"仲泊遺跡"、"国頭方西海道"に次ぐ3番目の国指定史跡となります。 今後の調査が楽しみです。

山形ニュース(5月28日)

 庄内浜の全域で、岩ガキ漁解禁されました。
 待ちに待った漁師たちは、昔からの素潜りで、初の岩ガキを獲る作業を続けました。 水揚げ量はやや少なめで、例年より小ぶりのようです。
 夏の味覚として、これからが本番です。

神奈川ニュース(5月27日)

 川崎市の川崎大師平間寺で、"第三十五回川崎大師薪能"が開かれました。
 市能楽謡曲連合会が主催しており、恒例の観世流宗家一門の舞に、600人を超える見物人が集まりました。
 薪に火の光に浮き上がる能の舞は、幻想的です。

北海道ニュース(5月27日)

 旭川市は、昨年の観光客数が5%強増加し、733万を超え過去最多を更新したと発表しました。 相変わらず人気が続いている旭山動物園のおかげだそうですが、外国人の宿泊者数も39.9%増したそうです。
 6月28日には、旭山動物園の"オオカミの森"がオープンします。

島根ニュース(5月27日)

 浜田市市立松原小学校の生徒らが、5千匹のヒラメ稚魚を放流しました。 県水産振興協会では、漁業資源が減少している対策として今年度も22万匹の放流を予定しており、小学生にも知ってもらおうと企画したものです。
 子どもの夢とともに、大きく育ってほしいものですね。

山梨ニュース(5月26日)

 高さ64メートル、堤長262メートルの多目的ダムである"琴川ダム"が完成し、竣工式が行われました。 県としては6番目のダムですが、標高1,464メートルに位置し最も高い所にあるダムです。
 設定価格よりも、落札価格が51億円も安かった珍しいダムとしても、有名です。

静岡ニュース(5月26日)

 静岡市にある静岡浅間神社の水田で、"神饌田御田植祭"が行われました、 全国的に気温が上がった中、汗を拭きふき、10人ほどの巫女がイセヒカリの苗を植えました。
 11月23日の新嘗祭に奉納するそうです。

会津ニュース(5月25日)

 西会津町の"さゆり運動公園"で、東北では最大級のクラシックカーを集めた「第5西会津ふるさとなつかしCarショー」が開かれました。
 全国から往年の名車やスーパーカーが200台を超え、「3丁目の夕日の時代の車展」や「会津歴史とそばツーリング」などのイベントも行われ、人口8千人の町に、1万人もの人が集まりました。

山梨ニュース(5月25日)

 山中湖畔で、"第28回山中湖ロードレース大会"が開かれました。
 雨にも負けず1万3千人をこす参加者が集まり、山中湖一周とハーフマラソンの2つのコースを、思い思いに走りぬけました。
 女優の比嘉愛未さんも、応援に駆けつけていたそうです。

和歌山ニュース(5月25日)

 新宮市の熊野川で、"第20回熊野川カヌーマラソン"が行われました。 全国から約140艇が集まり、熊野速玉大社裏までの約20キロを競い合いました。
 「わんわんクラス」では、愛犬とともに、2時間ほどのレースを楽しみました。

会津ニュース(5月24日)

 会津若松市で「七日町あいばせ楽市」が、ローマン小路、市民広場などで開催されました。 夕方からは、ティールーム"アガペ"で、全国大会優勝の経験を持つ地元出身のバーテンダーによる「会津カクテルの夕べ」が行われました。
 明日まで開催され、「能楽の夕べ薪舞」「酒の楽市」「食の楽市」「音の楽市」などのイベントがあります。

福岡ニュース(5月24日)

 門司港で、"門司みなと祭"が、開催されました。 1934年から中国大連を結ぶ定期航路の開設を記念して始まり、一時中断したものの、今年で65回目を迎えます。
 関門海峡海上交通センターが一般公開されるほか、仮装パレードやプロレスなどのイベントが開かれ、雨にもかかわらず、多くの人で賑わいました。

愛媛ニュース(5月24日)

 昔ながらを再現した内子町の"筏流し"が、無事、河口に到着しました。 川登地区の自治会が2年をかけ再現した筏で、昨日出発して、大洲市肱川河口を目指していたものです。
 午後3時過ぎ、無事、河口に到着し、大勢の人々に迎えられました。

会津ニュース(5月23日)

 「野口英世アフリカ賞」創設の記念切手2種類が、全国の郵便局などから発売されました。 野口博士の切手は、3度目です。 猪苗代町にある生家近くの"野口英世の里郵便局"では、切手ファンが詰めかけ、局員が日付印押しに大忙しでした。
 第一回目の受賞者は、ブライアン・グリーンウッド博士(英国)とミリアム・ウェレ博士(ケニア)で、28日に授与されます。

大分ニュース(5月23日)

 日田市で、本格的な小梅の出荷が始まりました。
 当地は、梅干し用"南高"の栽培が盛んで、九州では有数の梅の産地です。
 安い中国の梅におされぎみでしたが、食の安全意識の高まりから、人気が回復しているそうです。
 食べるものは、やはり安全が第一ですね。

香川ニュース(5月22日)

 観音寺市の一の宮海岸で、園児たちによる稚魚の放流が行われました。 豊浜幼稚園の120人が、県水産試験場で育った約6センチのヒラメ1千匹を笑顔で見送りました。
 遠浅の海岸として親しまれている海岸で、"一の宮ドリームタワー"などがあります。

群馬ニュース(5月21日)

 片品村の尾瀬第2駐車場で、会津、群馬、新潟、栃木にまたがる尾瀬国立公園の尾瀬山開き行われました。 毎年、会津と交互に開かれます。
 式典の後、集まった大勢のハイカーたちが、雄大な景色を楽しみました。
 8月30、31日の両日には、会津の尾瀬口である桧枝岐村で、"自然公園ふれあい全国大会"が開かれます。

歴史ニュース(5月21日)

 昭和48(1973)年のこの日、出演していた映画"としごろ"と同名の曲で、山口百恵さんがデビューしました。 あまり売れなかったため、次の曲"青い果実"から「青い性」と呼ばれる路線に変更し、人気を獲得していきました。
 引退から28年経っても、節目毎にベストアルバムが発売されています。
  山口百恵「MOMOE LIVE PREMIUM【完全生産限定盤】」

福井ニュース(5月21日)

 小浜市で、米大統領選のオバマ氏が一般代議員の過半数を獲得したことを受けて、勝利集会が開かれました。
 ハワイ出身にちなみ、祝福のフラダンスなどで盛り上がりました。
 市の名前が同じことで、、いまや世界的に"有名な市"になっています。

会津ニュース(5月21日)

 JR只見線で、"SL会津只見新緑号"の運転が行われました。
 車両は14日から16日にかけて回送されており、会津若松駅に到着していました。 24、25日からの運行を前に、同じ区間、同じ時刻で行われました。
 撮影スポットには、待ちきれないSLファンが、大勢詰めかけました、

福島ニュース(5月20日)

 昨年酒造の全国新酒鑑評会で審査していた結果が、発表になり福島県産の17銘柄が金賞を受賞しました。
 17年度に23銘柄で全国1位になってから、前年度に引き続き連続2位です。
 玄人が好む"旨い酒処"は、相変わらず強いですね。
 金水晶(金水晶酒造店)、京の華(辰泉酒造)、玄宰(末廣酒造)、会津中将(鶴乃江酒造)、學十郎(豊国酒造)、飛露喜(廣木酒造本店)、穏(仁井田本家)、あぶくま(玄葉本店)、又兵衛(四家酒造店)、東豊国(豊国酒造)、蔵粋(小原酒造)、会津ほまれ(ほまれ酒造)、笹正宗(笹正宗酒造)、千功成(檜物屋酒造店)、人気一(人気酒造)、國権(國権酒造)、金紋會津(会津酒造)

広島ニュース(5月19日)

 安芸高田市の加藤農園で、サクランボの収穫が始まりました。
 10アールほどのビニールハウスにおおわれた畑には、真っ赤に色づいた実を、手際よく収穫しています。
 初夏の香りの漂っていました。6月中旬まで続きます。

歴史ニュース(5月19日)

 永禄(1560)年の14時頃、織田信長は桶狭間山近くの田楽狭間で、今川義元を強襲し討ち取りました。 2万5千もの大軍を10分の1の軍で勝った信長は、全国統一を目指し、表舞台に躍り出ることになります。
 歴史の中でも、桶狭間の戦いは重要な戦でした。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。